運命の赤い糸」タグアーカイブ

2008年、アメリカ ミネソタ州の高校に

ブリックス・ファッシーが転校してきた

ホッケーが好きなシャイな高校生だった

転校の翌日、前の席のブリトーに写真を見せられた

「ねぇ覚えている?この写真」

ブリックスは魅力的なブリトーに一目惚れ

その写真は、子供の頃からブリックスの家の壁に貼られていた写真と同じ

 

明るくおっちょこちょいな性格のブリトニーに惹かれていくが、

彼氏がいると知り、ブリトニーを避けるようになっていった

その頃、ブリトニーは彼氏と別れており、

ブリックスの事が気になり出していた

その事実を知らないブリックスは、

自分の気持ちを抑える為、あえて冷たい態度を取り続けた

そして2人は言葉を交わす事すら出来なくなっていった

そんな関係が8か月も続いた…

あるパーティーでブリトニーが彼氏と別れた事を知る

これをキッカケに2人は徐々に距離を縮めていった

そして…「僕の彼女にならない?やっと言えた…」「OK」

交際を始めてみるとアウトドア好きという趣味も同じ

家族を大切にする気持ちも同じ

さらに不思議な事はお互い何も言ってないのに、

相手の気持ちが分かってしまう

そんな2人は、いつも一緒だった

 

やがて2人は、それぞれ希望する大学へ合格

遠距離恋愛となったが、想いは変わらなかった

卒業を間近に控えた11月、「これ僕が作ったアルバム」

ブリトニーにプレゼントされたアルバム

そこには2人の出会いからの軌跡が…

「次の気持ちが僕のページだよ」 それはブリックスが7歳の頃、将来 好きな人ができた時の為に

“WILL YOU MARRY ME?(結婚してくれませんか?)”

プロポーズの言葉を体に書いて撮った写真だった

「僕と結婚してください」

 

2015年1月10日、結婚式が行われた

式が行われた後のパーティーである映像が流された

 

それは…20年前(1995年)に行われたとある結婚式の映像

そこにはタキシードとウェディングドレスで着飾った子供

男の子は結婚指輪を持つリングボーイ

女の子は花を巻いて歩くフラワーガール

2人は手をつないでヴァージンロードを歩いていく

その2人こそ20年前のブリックスとブリトニー

 

転校翌日にブリトニーが見せた写真、

ブリックスの家にずっと飾られていた写真が、この時の写真だった

 

2人は新郎新婦の知人ではあったが、それまで全く面識はない

また両親同士も知り合いではなかった

その後もブリックスがブリトニーの通う高校に転校してくるまで

全く会う事はなかった2人

 

ブリックスの転校により偶然再会

そして偶然、ブリトニーの後ろの席にブリックスが座ることになった

3歳の時に結婚式で会った2人が、

ブリックスという少し変わった名前だった事を憶えていたブリトニーは、

写真を見て本人だと確信。彼に話しかけたのだった

 

そして2人は20年前と同じヴァージンロードを歩いた

(640)

スポンサード リンク
スポンサード リンク