Tag Archives: オークション

2015年4月、カナダ アルバータ州に暮らすブレントは、
1973年型のアメリカのクラシックカーを購入した
かなり痛んでいたのでエンジンをはじめ、
あらゆるパーツを入れ替え、自分の手で整備した
ブレントは父と同じ油田の計測技師だった
車好きなのも父親譲り
妊娠中の妻と娘が一人
「男の子が生まれたら18歳の誕生日にこの車をプレゼントするんだ」が、ブレントの夢だった
整備には2年かかったが、車は新品同様に生まれ変わり、
家族でドライブするのが日課となった
 
2018年5月5日、仕事が休みだったブレントと妻は、
妻の妹に子供たちを預け、久しぶりにツーリングに出かけた
その時、直線を走っていたバイクと横道に入ろうとしたトラックが衝突
すぐに病院に運ばれたが、2人は亡くなった
あとには6歳のアリエルと3歳のリーアムが遺された
 
両親を失った孫を引き取れるのは、ブレントの父ベンと母しかなかった
祖父はすでに定年退職し、年金生活
夫婦2人が暮らしていけるギリギリの貯えがあるだけ
さらにアリエルとリーアムには、生まれつき聴覚障害があった
定期的に150㎞離れた病院まで検査を受けなければならない
2人が大人になるまでの教育費を合わせると、かなりの資金が不可欠
 
2018年9月6日、ベンは辛い決断を下す
リーアムが18歳になったらプレゼントするはずだったブレントの
クラシックカーをオークションに出すことに
「息子の形見の車で、2年もかけてレストアした美しい車です。遺された子供たちのためにどうしてもお金が必要で」
事情を知ったオークションの主催者は、ベンから手数料は取らないことに決めた
少しでも良い値が付くように最優先で扱った
オークション当日、司会者は、無くなったブレントは、
家族のために2年かけて修理し、
息子の18歳の誕生日に車を譲る夢を持っていたことを紹介した
落札価格は、29000カナダドル(日本円で約250万円)
予想された価格の倍近い価格だった
そして落札者が、車を寄付するとスタッフに耳打ちする
落札者は、車をもう一度オークションにかけ、
その落札金もベンのものとなるように申し出た
大きな盛り上がりの中、オークションが再び始まった
落札価格は30000カナダドル(日本円で約260万円)
2回目の落札者が、再び寄付をし、もう一度オークションにかけて欲しいと申し出た
3回目のオークションが始まった
3回目の落札価格は20000カナダドル(日本円で約170万円)
3回目に落札したボブ・ベビンズは、ベンに駆け寄る
「ありがとうございました。大切に乗っていただけると…」
「私は乗りません。あの車に乗るのは坊や君だよ。息子さんの車はあなたが持っていてください。そして息子さんが望んだように、いつかお孫さんに引き継いであげてください」
 
さらに、一家の話を聞いた人から寄付を集まり、
オークションの売り上げと寄付金を合計は、
約10万カナダドル(日本円で約870万円)となった

(1)

スポンサード リンク
スポンサード リンク