29年間 難聴のサラが生まれて初めて音を聞いた瞬間

●生まれつき聴覚に障害のある母親が初めて聞いた愛する娘たちの声

1982年、アメリカ テキサス州

サラは、ごく普通の家庭に生まれた

2年後、大きな音にも反応を示さないサラを病院で検査

その結果、ほとんど音が聞こえない感音難聴と診断された

補聴器を付けるも、サラにとって言葉は、ただの雑音でしかなかった

そこで両親は口の動きから言葉を読み取る読唇術を学ばせる事に

両親はあえて手話を使わずサラに読唇術を身に付けさせた

やがてサラは一般の小学校へ入学

座席はいつも先生の口が良く見える一番前の席

誰よりも努力し成績も優秀だった

こうしてサラは自分から逃げることなく学校に通い続け、一般の高校を卒業

その後、サラは近所のカフェで働き始めた

前向きな性格と明るい笑顔、彼女は周囲の人達から愛される存在だった

 

そんなある日、いつもサラを可愛がってくれる常連客の息子:スローンと出会った

スローンは、一目で恋に落ちた

やがて足繁くサラの店に通うようになり、

いつしか2人の距離は縮まっていった

「今日はご飯を食べに来たんじゃないんだ。初めて会った時から君の事が好きだった」

スローンの突然の告白、サラは生まれて初めて恋をした

2人は どこに行くにも一緒だった

スローンは恋人であると同時にサラの耳となった

2001年、サラが19歳の時 2人は結婚

数年後、サラは2人の娘の母親となった

絵に描いたような幸せな生活…

しかし幸せになればなるほどサラには、ある思いが募った

 

愛する娘たちの声が聞きたい…

 

2011年、車を運転するスローンが何気なくラジオを流していると、

「耳に直接 埋め込むことで難聴の方でもより自然な音が聞こえるようになる画期的な医療技術が開発されました」

サラの難聴が治るかもしれない、スローンは興奮を抑えられなかった

すぐに問い合せすると、片耳で3万ドルかかる事を知る

数日後、スローンの母親が老後の生活費に貯めていた貯金をサラに渡した

最新の技術でサラの耳が聞こえるようになる、そんな噂は瞬く間に広まった

家族や友人たちの支えにより手術に必要な費用が集まった

 

サラが29歳の時、手術が行われた

頭の内部に埋め込み、鼓膜の振動を拾って

補聴器よりも強力に音を増幅して伝える技術

手術は9時間にも及んだ

手術から2ヵ月、埋め込んだ機械を作動させる日

29年間、音のない世界で生きてきたサラが初めて音を聞く

 

 

こうしてサラは何よりも聞きたかった家族の声に囲まれ、

幸せに暮らしている

(1145)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク